切手は1枚のものよりもシートの方が高い額で

切手は1枚のものよりもシートの方が高い額で売れることが多いです。
小型のシートであったとしても、バラよりは高額で売却できます。切手の買取は古物商の分類になるので、古物営業法で定められている店舗の他では売れません。加えて、それらのシートや切手をビニールを使用して完全に密封したものや、写真用のアルバムに保存されていたものは買い取り対象の品にはならないこともあるようです。
高価な買取額になりやすいものとしては、「記念切手」という名前のコレクターの人々に大変人気のあるものです。
このことから記念切手には売買仲介業を専門に扱う業者が存在していて、収集家は業者を通して売り買いを行っているのです。切手以外では、明治時代の古封筒といったものも高額で買い取ってもらえることがあります。
基本的には、買取をしているお店で鑑定だけを依頼することは困難です。郵送している最中に切手が痛むことがあるため、厚紙を当てて保護するようにしましょう。
特に価格の高めの切手であるならば痛んだりすると査定される額が大きく下がることがあるため注意しなければなりません。
1960年以降に販売された比較的に新しめの切手の場合は、額面以下の買取価格となるケースが多々あります。例をあげるなら、切手の額面が50円以上ならばおよそ7割程度です。
その理由は、買取店は買取を行うことを想定して鑑定するため、買取額に同意できない場合以外は売却することを前提に依頼をすることになります。
未使用で完全なものなど条件をクリアしていれば額面よりも高くなる場合もあります。消印のついたシートは一般的には買取対象とならない傾向がありますが、押されている消印の種類によって買取対象となるものもあります。
高く買取してもらいやすいシートとしては、手彫、菊、田沢切手などです。それらの中でも、保管の状態が優れていて、カラーマークなどは需要も期待でき、高価な買い取り額となるのです。
付け加えると、外国切手は買取を拒否されることがよくあるのですが、ものならば買取対象となりやすいです。
ですが、額面の低い切手や不完全なセットの場合は買取不可となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です