なお、外国産の切手の場合は買取を拒否されること

なお、外国産の切手の場合は買取を拒否されることが結構あるのですが、ものならば買取が可能となることもあります。ですが、額面の低い切手や不完全なセットだと買取はしてもらえません。
なぜかというと、買取店は買取を前提として査定を行うため、買取額に納得できない場合を除いては売却することを前提に依頼することとなるといえます。切手のほか、明治時代の古い封筒なども高額買取してもらえることもあるようです。通常は、買取をしているお店で鑑定だけを申し込むことは不可能です。切手は1枚の場合よりもシートの方が高く売れることが望めます。小型のシートの場合も、バラよりは高く売れます。切手の買取の取り扱いは古物商の分類になるので、古物営業法で定められた店舗でなければ売却は不可能です。
高額な金額で買取が期待できるシートとしては、菊や手彫、田沢切手などです。そんな中でも、保存状態がよくて、カラーマーク入りなら需要も望めるので、買い取り額も高価になるのです。高額な買取金額になる場合が多いのは、記念切手と呼ばれるコレクターの間でとても人気があるものになります。そのため記念切手には専門に扱っている売買仲介業業者がいるため、業者を経由して収集家は売り買いをしています。
郵送の途中段階で切手が傷つくことがあるので、厚紙を当てるといったことをして守るようにしてください。とりわけ希少度の高い切手の場合は痛んでしまうと鑑定の額が大きく低下することもあるため注意してください。未使用品かつ完全な状態のものなど一定条件をクリアすれば額面よりも高い金額になる場合もあるといえます。
消印が押されているシートは通常は買取されない傾向があるのですが、消印の種類により買取の対象品になる場合もあります。
なお、それぞれの切手やシートを、ビニールを使用することで完璧に密封されているもののほか写真の保存に使うアルバムに保管されていた切手は買取対象品にはならないこともあるのです。
1960年以降に発行されたわりと新しめの切手は、買取価格が額面以下になってしまう場合が多いです。
例をあげるなら、切手の額面が50円以上ならばおおよそ7割ほどとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です