昭和35年以降発行されたわりと新しめの切手であれば、額

昭和35年以降発行されたわりと新しめの切手であれば、額面より安い買取価格となることが多々あります。
具体的には、50円切手以上の額面の切手ならおよそ7割程度です。切手は単品の場合よりもシートの方が高い額で売れることが期待できます。小型のシートの場合も、バラよりは高く売れます。切手の買取の取り扱いは古物商に分類されているので、古物営業法で定められているお店でないと売却ができません。
高価な額で買取が望めるシートであげられるのは、手彫や菊のほか田沢切手といったものです。これらの中でも、保管状態がよく、カラーマークの入った切手ならば需要も期待でき、買い取り額が高くなるといえます。
また、個々の切手及びシートをビニールで十分に密封したものや、アルバムに保管されていた切手は買取品にならないこともあるのです。
送っている最中に切手が痛むことがあるため、厚紙を当てるなどして保護してください。
特に希少度の高めの切手であるならば痛んだりすると査定される額が大きく下がってしまうことがあるので注意しなければなりません。切手の他にも、明治時代のときの古封筒なども高額で買い取ってもらえることがあります。
一般的に、買取店で切手の鑑定のみを依頼することは難しいです。
未使用完全品などの条件を満たしていた場合は額面以上になることもあります。
消印のついているシートは基本的には買取対象とならないことが多いのですが、押印されている消印の種類により買取の対象品になる場合もあります。高価な買取額になりやすいのは、記念切手という収集家の間で人気の高いものになります。そのため記念切手には専門の売買仲介業者が存在しており、収集家は業者を経由して売り買いを行っているのです。
また、外国切手の場合は買取を拒否されることがたびたびあるのですが、ものの場合買取対象となりやすいです。
そうはいっても、定額の切手や不完全なセットでは買取不可となります。なぜかというと、買取店は買取を前提として鑑定を行うので、買取金額に同意できない場合以外は売却前提での頼むことになるといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です