付け加えると、外国産の切手の場合は買取を見送られ

付け加えると、外国産の切手の場合は買取を見送られる場合が多いのですが、ものであれば買取対象になりやすいです。
けれども、額面の低い切手や不完全なセットでは買取はされません。高価な額で買取が望めるシートは、手彫や菊のほか田沢切手などです。これらの中でも、保管状態がよく、カラーマーク入りなら需要が多くなり、高価な買い取り額となることが多いです。
切手の他にも、明治時代のときの古封筒なども高額買取してもらえるケースがあります。
一般的には、買取店において鑑定のみをしてもらうことは困難です。
買取金額が高くなる場合が多いのは、記念切手と呼ばれる収集家の人々に人気の高いものになります。
ですので記念切手には専門に扱っている売買仲介業業者がいるので、収集家は業者を通して売買をしています。切手は1枚の場合よりもシートの方が高価な額で売れることが期待できます。小型シートの場合でも、バラよりは高く売れます。切手の買取の取り扱いは古物商の分類となるため、古物営業法に規定されたお店でないと売れません。送っている途中で切手が傷つくことがあるので、厚紙を当てるなどして守るようにしてください。とりわけ希少度の高い切手の場合は傷がついてしまうと査定額が大幅に低下することがあるので気をつけてください。
付け加えると、それらのシートや切手をビニールを使用してしっかりと密封されているものやアルバムに保存されていたものは買い取りの対象にならないことがあります。
未使用で傷のないものなど一定の条件を満たしていれば額面よりも高額になることもあります。
消印が押されているシートは一般的には買取の対象にはならない傾向があるのですが、押印されている消印の種類により買い取ってもらえることもあります。
昭和35年以降売り出されたわりと新しい切手であれば、額面以下の買取価格となってしまうことが多くみられます。
たとえば、50円切手以上の額面の切手ならおおよそ7割ほどとなります。
どうしてかというと、買取を行っているお店では買取を行うことを想定して査定するので、買取の料金に納得できない場合を除いては売却前提での頼むことになるためです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です