切手の他にも、明治の頃の封筒なども高額で買い取

切手の他にも、明治の頃の封筒なども高額で買い取ってもらえる場合もあるのです。通常は、買取店で査定のみを申し込むことは不可能です。
どうしてかというと、買取店の場合は買取を想定して鑑定するため、買取金額に同意できないケースを除いては売ることを前提として依頼することとなります。さらに、外国産の切手の場合は買取をしてもらえないことが結構あるのですが、ものであるならば買い取ってもらいやすいです。けれども、定額のものや不完全なセットでは買取不可となります。
1960年より後に売り出されたわりと新しい切手は、額面より安い金額での買い取りとなってしまう場合が多くみられます。
詳しく言うならば、切手の額面が50円以上ならば約7割ほどとなってしまいます。高額な金額で買取が期待できるシートは、手彫や菊、田沢切手などです。この中でも、保存状態がよく、カラーマーク入りなら需要も多いため、買い取り額が高くなるようです。切手は単品よりもシートの方が高価な額で売れる場合が多いです。
小型のシートであったとしても、バラよりは高い金額で売れます。
切手の買取は古物商に分類されるため、古物営業法で決められているお店以外では売ることはできません。
未使用で傷のないものなど条件を満たしていた場合は額面よりも高い金額になる場合もあります。
消印のついているシートは一般的には買い取ってもらえないことが多いのですが、押印されている消印の種類により買取大将となることがあります。加えて、1枚1枚の切手及びシートをビニールを使いがっちりと密封がなされているものや写真を保管するアルバムに保存していたものは買取品にならないこともあるのです。送っている途中で切手が痛むことがあるため、厚紙を当てるといったことをして守りましょう。
特に価値の高めの切手の場合傷ついてしまうと査定額が大きく低下することもあるため注意が必要です。買取額が高くなることが多いものは、記念切手と呼ばれている収集家の人々に大変人気のあるものです。
そのため記念切手には専門で売買仲介業を行う業者が存在しており、業者を通して収集家は売り買いをしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です