なぜなら、買取店の場合は買取を前提に査定を行う

なぜなら、買取店の場合は買取を前提に査定を行うため、買取金額に同意できないケース以外は売却前提での依頼を行うこととなるからです。
切手の他にも、明治時代の古封筒といったものも高額で買い取ってもらえるケースがあります。
基本的には、買取をしているお店で切手の鑑定のみを依頼することは困難です。
送っている最中に切手が傷つくことがあるため、厚紙を当てるといったことをして保護するようにしましょう。特に価格の高い切手の場合は傷などがつくと鑑定額が大幅に低下することもあるため注意が必要です。切手は1枚のものよりもシートの方が高額で売れることが期待できます。
小型シートでも、バラよりは高く売れます。切手の買取は古物商に分類されるため、古物営業法に規定されたお店でないと売却ができません。さらに、個々のシート及び切手をビニールを使用してしっかりと密封したものや、写真を保管するアルバムに保管されていた切手は買い取り対象の品にはならない場合があります。高価な買取額になる場合が多いのは、記念切手と呼ばれる収集家の人たちに大人気のものです。そのため記念切手には専門に扱っている売買仲介業業者がいるので、収集家は業者を通して売り買いをしています。なお、外国切手の場合は買取を断られることがたびたびあるのですが、ものの場合買い取ってもらいやすいです。
けれども、額面の低い切手やセットでも不完全ならば買い取ってもらうことは不可能です。
高額買取されやすいシートの代表は、手彫や菊、田沢切手といったものです。
この中でも、保管状態がよく、カラーマークなどは需要も多いため、高価な買い取り額となることが多いです。昭和35年より後にリリースされたわりと新しい切手であるならば、額面より安い金額での買い取りとなることが多いようです。例をあげるなら、切手の額面が50円以上ならば7割程度となります。未使用品かつ完全な状態のものなど条件を満たしていた場合は額面よりも高額になるケースもあります。消印のついたシートは通常は買い取ってもらえない場合が多いようですが、消印の種類によっては買い取ってもらえることもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です